転職仕事探し〜職歴の間が開いてしまう場合

職歴の間が開いてしまう場合の対処法。

職歴の間が開いてしまう場合は、もちろんウソはいけませんが、

ボランティア、家族の介護や子育て等のプライベートな経験でも、

積極的に記入してみましょう。

過去の実績を特に強調して自己アピールするという方法もあります。。

また、その間に、身につけた技術や知識があれば、自己アピールになります。

そのようなものは自分には何もないと思っているあなたは、

その間に考えたこと、感じたこと、経験したことを、

簡潔にまとめて、志望動機に記入してみてはいかがですか?




職歴の間が開いてしまう場合の対処法で転職派遣仕事探しを成功させましょう。
転職派遣仕事探し情報館のはじめに戻る
posted by job at 21:49 | 職務経歴書

転職したいけど転職回数の多さが気になる人へ


転職回数の多さをプラスにする自己アピール法!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000002-oric-ent
何度か転職を繰り返している人にとって、「次も」と思ったときに気になるのは、転職の回数。実際、採用側はどう考えているのだろうか? 転職サイト『リクナビNEXT』では、企業の人事担当者とキャリアアドバイザーに、「転職の回数が多いと不利か?」についてアンケートを行った。


 まず、「転職歴は何度目から気になるか?」という問いに対しては、【3回】が全体の36%でトップ。30代なら3回目から、40代なら5回目からが気になるようだが、【気にならない】と回答する企業も11%。実際、85%の企業が【転職歴が2回以上ある人を】、76.5%の企業が【転職歴が3〜5回ある人を採用したことがある】と答えている。


むしろ企業が重視するのは、回数よりも転職理由のようだ。マイナス印象を与える理由トップ3は、【健康を害した】【労働条件が希望に見合っていなかった】【経営方針や経営者の考え方が合わなかった】というもの。逆にプラスの印象を与える理由としては【キャリアアップ・やりがい】が全体の66%を占めて1位。採用する側は「入社後に力を発揮できるか」を見ているので、不安材料を払拭する筋の通った意気込みを見せたい。


 では、転職歴をマイナスにさせないためには、どういうアピールをするべきか。「一貫性のない転職を重ねている人の場合」「短期間に何度も転職を重ねている人の場合」の2つのパターンの対応策について、キャリアアドバイザーの川崎あゆみ氏に尋ねてみた。


 まずは、前者の場合――「経験は絶対に無駄になりません。肝心なのは、過去の職歴の中で学んだことや興味を持ったことを整理して、一貫性のあるストーリーをつくること。“これらの経験から、○○の力を伸ばしたいと考え、次の仕事を選んだ”と説明できるようにしましょう」。


 続いて、後者の場合は「短期間で転職した理由を整理し、今度は長く続けたいと思っている旨を確実に伝えましょう。入社後の将来像を、根拠やビジョンとともに具体的に示すことは有効な方法のひとつ。また、応募の時点で、転職回数よりも経験値を重視してくれる業界や企業を選ぶのもひとつの手です」。


 転職理由がたとえネガティブなものだったとしても、前向きに捉えることが大事。転職回数が多いことををプラスに転じさせるためには、「これまでの経験を、次の職場でどう活かすことができるか」ということをしっかりアピールすることがポイントなのだ。
【調査概要】
・インターネットでアンケートを実施
調査期間:2006年9月9日〜9月11日/有効回答数100件(インフォプラント調べ )
調査対象:企業の中途採用担当者


以上引用



転職回数の多さをプラスにし自己アピール情報で転職派遣仕事探しを成功させましょう。


転職派遣仕事探し情報館のはじめに戻る
posted by job at 08:55 | 職務経歴書

転職派遣仕事探し〜役立つワンポイント

転職など仕事探しをするときに役立つワンポイントです。

勤続年数が長い場合や、実務経験が長い場合の

転職に役立つワンポイントです。

もちろんですが、経験が長いというだけで、

転職に有利になるとは限りません。

職歴では、あなたが経験した長さではなく、

具体的な内容を伝えます。

例えば、後輩や新人などに指導した経験があるならば、

その指導経験の内容も伝えましょう。

転職したい職種や商品の知識も把握しているならば、

転職に有利になるので、そのことも伝えましょう。


転職に役立つポイントをおさえて転職派遣仕事探しを成功させましょう。
転職派遣仕事探し情報館のはじめに戻る
posted by job at 00:42 | 職務経歴書

転職派遣仕事探し〜転職回数の多さ

転職の回数が多いことは、気になりますか?

転職回数の多さが気なる人の中には、

コンプレックスになっている人もいるのではないでしょうか?

古い順にただ書くのでなく、ポイントを絞って記入しましょう。

今まで経験してきた仕事の中で、

転職を志望する仕事に近い職種から、記入していきます。

転職を希望する企業や、仕事に関連性があるように記入すると、

転職の回数が多いことが、かえって、仕事経験が豊富という

いいイメージになります。

転職回数の多さを、逆に、転職の武器にしてしまいましょう。



転職回数の多さを転職の武器にして転職派遣仕事探しを成功させましょう。
転職派遣仕事探し情報館のはじめに戻る
posted by job at 23:28 | 職務経歴書

転職派遣仕事探し〜魅力的な職務経歴書

転職など仕事探し中には職務経歴書が必要ですが、

なぜ転職に職務経歴書が必要なのでしょう?

転職するあなたの目線からだけでなく、

転職者を採用する企業の目線からも、考えてみましょう。

あなたが、これまでどんな経験をしてきたのかを、

転職者を採用する企業が知りたいのには、

もちろん理由があります。

その理由は、あなたの経験の中で即戦力となりうることが

あるのか、

資格や専門知識で、どんな貢献ができそうなのかを

知りたいからです。

特に、即戦力となる人材は転職者を採用する企業からは

とても魅力的です。

このようなことから、あなたが職務経歴書を作る時の

ポイントが分かります。

わたしを採用すると、こんなに得がありますよ、と

教えてあげるような気持ちで

職務経歴書を作成するといいですよ。



魅力的な職務経歴書を作成して転職派遣仕事探しを成功させましょう。
転職派遣仕事探し情報館のはじめに戻る
posted by job at 23:47 | 職務経歴書
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO
サイトマップラス
Powered by SEO対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。